ハンドル調整

投稿者: | 2017年2月17日

バイクをストレスなく運転するために

バイクを運転される方はメンテナンスを行っていると思いますが、バイクのメンテナンスは安全走行するばかりではなく、快適な運転を実現するためにも必要不可欠な事です。
メンテナンスのほか、バイクの各パーツの調整をしっかり行っておくことも、ストレスのない走行に必須です。

パーツの中でもしっかり調整を行ってほしいヵ所にハンドルがあります。
ライダーの手の大きさや指の長さというのは、個人差がかなりあるもので、その方にとって、最適なハンドルの位置というのも人によって違いがあるのです。
バイクのハンドルの調整を行うというだけの事で操作性がぐっとよくなることも多いので、調整をしっかり行いましょう。

バイクのハンドル調整

ハンドルの調整はそれほど難しい事ではなく、ハンドル中央部のボルト、ネジを緩めてハンドルの調整を行います。
カバーがついているタイプになると調整出来ないと思う方も少なくないのですが、カバーを取り外せば調整できるのでまずはカバーを取り外してみてください。

その後、ハンドルの中央にあるボルト、若しくはネジを緩め、調整してみます。
緩めてからハンドルをゆっくり動かし、自分にとって最適な位置だともう箇所でネジを締めます。
カバーがついているタイプはその後、カバーをしっかり取り付けてください。

合わないハンドルは交換すべき?

ハンドル調整を行わず、バイクのハンドルが自分にあっていないとハンドル調整ではなく、いきなり好感してしまう方もいますが、まずは調整してみるべきです。
バイクの設計上、最もふさわしいハンドルが取り付けられているので、ハンドルを交換するよりも、そのハンドルを調整し、併せてみましょう。

それでもハンドルがどうも自分に合わないと思うようであれば、交換を考えましょう。
すぐにハンドルを購入しお金をかけるよりも、調整でうまくいくならその方が費用も掛からず他のメンテナンスやカスタムに費用をかけることができます。

ハンドルが自分にあっていないと……

ハンドルについてそれほど重要性を感じていない方もいますが、ハンドルは自分に合った位置で利用していないと非常に運転しにくさを感じます。
ハンドル調整を行ってみると、こんなに運転しやすいのかとびっくりされる方も多いです。
全身のバランスが悪くなることもありますし、バイクに乗る姿勢に無理があり、疲労しやすいと感じる事も多いです。

ハンドルのメンテナンスはあまり考えない方も多いのですが、通常のメンテナンス同様、ハンドルの調整もこまめに行っておくと、走りやすさを感じられるマシンとなります。
快適な走りをしたい方は、ハンドル調整も定期的に行ってみるといいでしょう。