バイクの洗車方法

投稿者: | 2018年9月19日

洗車には洗剤やワックスそしてスポンジなどを用意しよう

バイクというのは、排気ガスや雨、砂、埃などによりどんどんと汚れていくものです。
よって、洗車を定期的にしていかなければいけません。

洗車をするなら3か月に1度程度のペースで行なうと良いでしょう。
洗車の頻度はバイクに乗る回数や乗る場所次第でも変わってきますが、適切な方法でワックスをかければ頻繁に洗車をせずに済みます。

バイクを洗車する際には様々な道具が必要です。
バイク用の洗剤やワックス剤はもとより、スポンジやバケツ、ブラシも用意しましょう。
それに防水をするために、サランラップもしくはガムテープもあれば便利ではないでしょうか。

スポンジがなかなか届かない部分を掃除するなら、使い古しの歯ブラシが役立ちます。

洗車は車体を傷つけないように気を付けるのがポイント

バイクの洗車をするなら、防水措置の準備をする必要があります。
バイクには水に弱い部分が多くあり、防水をしておかなければ部品が壊れてしまう可能性があるのです。

キーシリンダーや排気口、スイッチボックスそれにシートの裏側などについては、サランラップやガムテープを巻いて防水すると良いでしょう。

続いて洗剤の準備をしますが、バイク用の洗剤を指定されている割合に薄めておいてください。
またきちんと泡立てておけば、車体を擦ったとしても傷ができるのを減らせます。

バイクを洗う際には、最初にホースなどを用いて車体を水洗いしましょう。
それから洗剤をつけたスポンジやブラシを使い車体を洗います。
エンジンなどの部分についてはスポンジ等が届かない可能性もあるため、先に挙げた歯ブラシを使うか、手に直に洗剤を付けて洗っていきます。

汚れがきちんと落ちたなら洗剤を洗い落としますが、しっかりと洗い落とせていないと車体に洗剤が残り、バイクを痛めてしまう可能性もあるため気を付けてください。

最後にはウェスなどで水分を拭き取りますが、できるだけ表面を撫でるように車体を撫でて、車体を傷つけないように拭き上げていきましょう。
目の粗いタオルは傷つけやすいため使用は適しません。

ワックスを塗ると汚れが付きにくくなる

洗車をしたなら、きちんとワックスを塗っていきます。
ワックスを塗っておけば汚れが付きにくくなりますし、汚れが付いたとしても落としやすくなるため、次回の洗車が楽になるものです。

特に樹脂パーツなどはバイクパーツの中でも早く劣化してしまうものですが、適切なワックスを用いると長持ちさせられます。

ワックスは多くの利点があるものの、色々な種類があり使い方も違ってきます。
ご自身のバイクに合うワックスを選んで、乾燥させる時間や使用量などを守って使うようにしましょう。