KTM RC 125

投稿者: | 2017年12月27日

高回転での伸びと安定性が特徴のKTM RC 125

KTM RC 125は、ヨーロッパ発のスポーツタイプのバイクで、高い走行性が自慢となっています。
特にエンジンの高回転での伸びがとても良く、高速走行でこそ、このバイクの魅力がさらに発揮されることになります。
このエンジン特性を活かすために足回りやギアの設定も高回転でより安定するように調整されていますし、振動が生じないような空力性能もとられています。

こうしたことから、KTM RC 125はスポーティーな走りを求める人にピッタリの一台ということができます。
街乗りではちょっと不便なところもありますが、慣れれば取り回しの重さなども気にならなくなりますので問題ないでしょう。

独特のデザインが見る人を惹きつける

KTM RC 125はヨーロッパで設計されたというだけあって、日本製のバイクにはない独特のデザインが特徴となっています。
シャーシ部分も細かなパーツのデザインも躍動感とがっしりとした重量感が出ていて、高級なバイクという印象を与えてくれます。
このKTMというブランドを知らない人でも、見ればすぐにその記憶に残るデザインに感銘を受けることでしょう。

このデザインは単に美しいというだけでなく、乗り心地の良さにも反映されています。
適度に前傾姿勢を取れるボディー設計となっていますので、スポーツタイプのバイクとしての走りを楽しみつつも、普段使いで不便さを感じないポジション、長時間ツーリングでも疲れにくい姿勢を保てるようになっているのです。
また、足つき感に優れていますので、ストップアンドゴーが多くなる都市部での運転でも不快感を味わうことなく走れるというメリットがあります。

細かなところまで工夫が凝らされた作りとなっていますので、長く乗ることができるのが魅力です。
少々価格が高く設定されていますが、その高級感やデザイン性の高さ、何より基本的な性能のすばらしさを考えると十分な価値があると言えるでしょう。

排気量が大きくなくても軽くて伸びが良いので満足度が高い

KTM RC 125は小排気量のバイクということで、パワー不足なのではないかと考える人もいます。
確かに、ヨーロッパブランドのバイクであれば、大きめのものを買ってそのメリットを十分に活かした方が良く、小排気量だと中途半端なイメージがあります。

しかし、このKTM RC 125は、小排気量の良さである軽さと伸びの良さを最大限生かした作りになっていますので、大排気量のバイクに負けない充実した走りを見せてくれます。
また、低回転から高回転まで安定したパフォーマンスを維持していますので、どんなシーンでもしっかりとした走りを見せてくれるのも特徴です。
全体的にバランスの良い満足度が高い一台だと言えるでしょう。