ブレーキパッドの種類

投稿者: | 2016年6月22日

使い勝手のよいオーガニックパッド

オーガニックパッドは名前の通り、自然感が強いアイテムです。
主に繊維系素材を樹脂で固めて作ったものを指します。
ブレーキパッド選びに困った人は、まずはこちらから選んでみてはいかがでしょう。

特徴としてはブレーキディスクへの攻撃があまりない、というのが挙げられます。
またソフトなタッチで使用が可能なため、他のパッドよりもコントロール性が良いと言えるでしょう。
ストリートでのブレーキフィーリングが良いという人も多く、愛用者も多いのが現状です。

制動力と言う点では、他のパッドと比べると若干劣る部分があります。
しかし、他のパッドにはない独特の操作感があり、男女問わず支持するライダーが多く存在します。

人気の高いシンタードバッド

幅広い層で人気を保つシンタードバッドは、金属系に関する摩擦材を固めたものになります。
そのため、制動力が強いという点や、摩擦係数の高さなどが特徴として挙げられます。
平均して高価であるため、頻繁にブレーキを掛けるような普段乗りのバイクにはあまり適していません。

表面が多孔性と言う事もあり、水が停滞しにくいのがメリットです。
そのため雨天での走行であっても晴れている時とと性能が変わらないと言えるでしょう。
また、他の素材に比べるとディスクへの攻撃部分が高いという面があります。
その反面、ハードなブレーキングにも適応するため、スポーツモデルバイクなどにも度々使われています。

安いのに高性能なセミメタルパッド

安いのに高性能なのがセミメタルパッドです。
こちらは樹脂と金属成分を混ぜ合わせた、摩擦材によって作られています。

ブレーキパッドとしてコントロールしやすい反面、雨に弱いという性質を持ちます。
その分、比較的安価で購入できるため、街乗り用などもっともスタンダードなタイプと言えるでしょう。

ブレーキパッドの重要性について

バイクの3大要素は、曲がる・走る・止まるの3つです。
その中でも一番重要なものがブレーキパッドと言えます。
いくら高機能なバイクであってもブレーキ性能が悪ければ、本来持つ性能を発揮できません。

事故発生など、もしもの時の緊急回避に関しても、ブレーキパッドが劣化していれば大惨事になることも少なくなく、アイテムの能力に全てに安全性が掛かっているといっても過言ではないでしょう。

しかしブレーキシステムは高価且つ、安全基準といった部分からも簡単に交換できるものではありません。
そのブレーキをよりよいものにする方法こそがブレーキパッドの交換と言えます。
ツーリング・街乗りと、用途に合ったブレーキパッドを選択することは、バイクの安全性や性能を高める事としてとても重要です。