チェーンとスプロケット

投稿者: | 2015年4月18日

バイクがどのように動いているか、ということはライダーなら多くの方が理解していることでしょう。
エンジンから発生した動力をチェーンとスプロケットが介してタイヤに伝え、初めてバイクが動くのです。
そのため、いかにエンジンをボアアップしようが、バランス取りして精密なエンジンにしようが、駆動系チューンを怠ってしまうとエンジンの力をタイヤに伝えることができません。

駆動系チューンの基本

愛車の駆動系チューンを始めようとする場合、どのような用途に用いるかでパーツのセレクトも決まります。
スプロケットを交換するだけで高速性能を向上させたり、加速力をアップさせたりすることができますが、それにはまず自身がどのようなパフォーマンスを求めているか、ということが重要となるのです。

スポーツ走行を前提とした話になりますが、直線コースの長いサーキットや峠を走る場合であれば、フロントスプロケットの歯数を増やし、リアも同様に増やせば良いでしょう。
また、タイトなコーナーの多いコースだと、コーナーからの立ち上がり加速を重視するため、フロントスプロケットの歯数を減らす必要があります。

また、スプロケットには軽量の品もありますから、アルミスプロケットのように軽量な品を採用することでバネ下重量を軽減することができ、運動性能を向上させることができます。
軽量化をしつつ、どのようなコースをメインとするかによってパーツのチョイスが変わってくるということを覚えておきましょう。

チェーンもこだわる

駆動系チューンを総合的に進めていきたいのであれば、スプロケットの交換だけでなくチェーンも同時に交換しましょう。
いくらスプロケットを軽量化し、歯数を変えてみたところで、チェーンが適当な品では本来の力を発揮することはできません。

チェーンも様々な品が販売されており、競技用の軽量チェーンも存在します。
チェーンもスプロケット同様に、バネ下重量を左右する重要なパーツですから、本格的に走りを追求したい場合は軽量チェーンを選択すれば良いでしょう。

エンジンを大幅にチューニングし、馬力やトルクを向上させている場合、通常のチェーンでは力を受け止めきれないこともあります。
そうした場合にチョイスしたいのが強化チェーンです。

ノーマル品より重くなってしまいますが、大きな力をしっかりと受け止め、耐久性も抜群なので、こちらもシーンに応じて選ぶと良いでしょう。
耐久レースなどに出場する場合、こうした強化チェーンの方が信頼性は高いと言えるでしょう。

駆動系チューンは、スプロケットだけ、チェーンだけ、というわけでなく、総合的に進めていく必要があります。
スプロケットを交換するときにチェーンも交換すれば手間が省けますから、できることなら同時に交換した方が良いでしょう。