バイクが楽しくなるバイクパーツ

投稿者: | 2013年12月23日

人気のあるバイクパーツはマフラー

同じモデルのバイクを持っている人はたくさん居ても、
バイクパーツを使ってカスタムすることで自分だけの個性的な1台を造れることがバイクの楽しみの1つです。

カスタムパーツの中でも最も人気が高いのが、マフラーです。
デザインや素材による高級感、そして何と言っても独特の奏でるサウンドをパーツを替えることで楽しむことができます。
マフラーのカスタムパーツは、ノーマルパーツにはない個性的なフォルムやパワーを持つものが様々販売されています。
販売店で眺めたり、インターネットなどで検索した時、
フォルムや光沢感に目が行くライダーは多いのではないでしょうか。

自分のバイクのデザインに合うというのがポイントにはなりますが、
そのほかどういったポイントで選んだらいいのでしょうか?
スタイルで決めたり価格で選ぶというのもありですが、
ご自身のバイクに現在付いているノーマルマフラーの形状や音質、素材、用途なども考慮して選ぶといいかもしれません。

マフラーの素材

マフラーに使われている素材により性質が変わるため、
どのような用途でバイクを用いる機会が多いのかといった点ともリンクしてきます。
一般的に用いられているのはステンレスで、ノーマルマフラーでもよく使われる素材といえるでしょう。
スチール(鉄)に比べて錆びにくく、軽量で比較的安価なのが特徴です。
錆びにくいので美しい外観を長くキープできるのがメリットかもしれません。

次によく用いられるのがスチールです。
スチールは錆びやすいのが難点ですが、スチールならではの低音のサウンドが魅力です。
値段も安く、クロームメッキにより装飾性の高いデザインのものが豊富なため、
心くすぐられるライダーも多いことでしょう。

最も軽量な素材として注目されるのは、カーボンファイバーです。
軽いのに熱や摩擦に強く強度があり、カーボン繊維の模様が独特の風合いがあり、
ドレスアップには最適といえるでしょう。
最も加工が難しい素材のため値段が、やや高くなるかもしれません。

そして、強度ナンバーワンといえばチタンです。
レースやスーパースポーツといった耐久性が強く求められるバイクで使用される素材です。
強度が高くサビにくいうえに軽量という三拍子そろった高性能素材です。
熱処理を施すと美しい焼け色がつくので、デザイン性も抜群といえるかもしれません。

マフラー素材としては理想的な特徴を持つ素材といえますが、
その分、値段が高いのがネックかもしれません。
こうした性質も踏まえて、マフラーのカスタマイズを楽しんでみてはいかがでしょうか。