ハンドル交換について

投稿者: | 2014年11月16日

走行しているバイクがどこに向かうかを決めるために必要不可欠なパーツ、それがハンドルです。
これはバイクだけでなく、自動車や自転車といった全ての乗り物に共通することですが、乗り物の方向を定めるためにはハンドル操作が必要不可欠です。
現在では、バイク用のハンドルも様々な品が販売されていますが、ここではハンドルの重要性、交換の方法についてご説明します。

バイク進行方向を決める重要なパーツ

ハンドル捌き、ステアリング捌き、という言葉があるように、バイクでの走行におけるハンドル操作は非常に重要です。
バイクがどっちに向かっていくのか、というのはハンドルを切る方向によって決まり、それ以外にバイクの進行方向を定める手段はありません。

バイクのハンドルによってドライビングポジションが決まってしまうので、ハンドルのセレクトは非常に重要なプロセスとなります。
もちろん、ただ街乗りするだけならノーマル状態で装着されているパーツで充分ですが、人の体形は様々なので、人によってはドライビングポジションが苦しくなってしまうこともあります。

そのため、楽なドライビングポジション、運転し易いドライビングポジションをとるためにもハンドル交換というのは必要となってきます。
ノーマル状態でバイクに乗り、それで満足いく走りができなくなった、乗っていて体が辛い、という方はハンドル交換も視野に入れてみると良いでしょう。

ハンドル交換の流れ

バイクのハンドル交換は誰でもできますが、ハンドルはブレーキ周辺と同様に走りに及ぼす影響が大きいため、正しい方法で行わなければなりません。
ある程度バイクの知識がある方や、普段からバイクのメンテナンスを行っているという方なら問題ないと思いますが、自信のない方は迷わずバイクショップにお願いしましょう。

ハンドル交換するには、まずハンドルに装着されているグリップを外します。
グリップは浸透潤滑剤とヘラなどを用いれば比較的簡単に外すことができるでしょう。
新品のハンドルにはスイッチボックスなどを取り付ける穴を開ける必要がありますが、これは鉄工キリとインパクトドライバなどが必要となります。

古いハンドルを固定してあるボルトを外し、後は新しいハンドルを固定してワイヤー類を通していけば完了します。
最初は難しいかもしれませんが、慣れると簡単に行うことができるので、一度チャレンジしてみると良いでしょう。
ただし、最初は交換できる人に手伝って貰ったり、作業の流れを見させてもらった方が良いかもしれません。

ハンドルを交換すれば、これまでよりも走り易くなったり、操作し易くなったりします。
頻繁に交換するものではありませんが、より快適なドライビングポジションをとれるよう、また長距離のツーリングでも疲れないような姿勢で操作できるよう、ハンドル交換にチャレンジしてみるのも良いでしょう。