インジェンクション関連の紹介

投稿者: | 2015年3月30日

バイクを動かすためには当然ガソリンが必要となりますが、このガソリンは液体状のままエンジンに流入しているわけではありません。
ガソリンを効率よく爆発させるためには、霧状にする必要があり、その作業を担っているのがキャブレター、もしくはインジェクションと呼ばれるものになります。
従来のバイクにおいてはキャブレター仕様が当然となっていましたが、現在ではコンピューター制御によるインジェクションシステムを搭載したバイクも存在します。

インジェクションって何?

インジェクション関連パーツの紹介をする前に、インジェクションとは何か、ということについてご説明したいと思います。
インジェクションとはガソリンを霧状にするためのシステムのことを指し、従来キャブレターが担っていた作業を担当しているパーツです。

キャブレターの場合、メインジェットの番数によってガソリンの量を決定しているため、オーナー自身の手による細かいセッティングが可能となります。
しかし、キャブレターの場合天候や様々な要因によって調子が狂ってしまうこともあり、安定性に欠けるという欠点もあるのです。

インジェクションシステムは、コンピューターにより制御されており、自動的にガソリンの量を調節します。
そのため、燃費の面でもキャブレター車よりも優れていますし、スロットルワークのレスポンスも良いというメリットがあるのです。

ただし、キャブレター車もセッティング次第ではインジェクション車よりも大きなパワーを発揮し、レスポンスも優れることがあります。

インジェクション関連パーツ

大容量のディスチャージポンプなどに交換すると、ガソリンと空気の混合比を濃くすることができ、パフォーマンスアップに繋がります。
しかし、このようなパーツは基本的にチューニングを施したバイクに適しているので、ボアアップや吸排気系チューンを施したバイクでないと性能を発揮することができません。

インジェクション部分を守る意味と、外観をより洗練されたイメージにすることができるアイテムが、インジェクションカバーです。
メタルメッキ仕様の品や、パンチング仕様のものなど様々な品が販売されていますから、インジェクションチューンとして試してみるのも良いでしょう。

インジェクション関連のパーツも、様々なメーカーから様々な品が販売されていますから、迷ってしまうこともあると思いますが、迷った場合にはバイクショップの店員さんに相談しつつ決めるのも良いでしょう。

インジェクションパーツの交換は自分ですることもできますが、パーツによっては素人では難しいケースもあります。
そのため、初めて行う場合はチューニングに詳しい方に手伝って貰ったり、バイクショップで交換して貰った方が無難でしょう。