おすすめのバイクパーツ~スタンド・ステップ系~

投稿者: | 2014年3月4日

ステップスタンドの紹介

バイクの楽しさとは乗っている時だけではありません。
乗りこなす技術を習得できた時とか、カスタマイズをして思い通りのフォルムにできた時も楽しいものです。
今回紹介したいのは、ステップスタンドです。
ステップスタンドとはバイクを停めたときに車体を支えるバイクパーツですが、多くの場合は純正の動くタイプのものではないでしょうか。
もちろんこれでも十分ですが、ここでこだわりたいのはより安定したステップスタンドを購入して取り付けることで、カスタムをする時やメンテナンスをする時にとても役立ちます。
足で倒すタイプは一本で支えていることが多く、不安定なため少しの動作で転倒する恐れがあります。
この転倒を少しでも改善するためにT字になったステップスタンドがおすすめです。
T字になっているため重さや力を分散することが出来るので、一本タイプよりも遥かに安全性と安定に優れています。
でもT字になっていると固定することが出来ない(そのまま走行することが不可能)から、わざわざ取り付けなければいけないのが面倒では?と思われるのですが、ステップに差し込むタイプのものを選べばそのわずらわしさは解消されるでしょう。
パイプのサイズが30ミリの場合、高さの調節などもほとんど必要ありませんので、そのまま差し込んで使うことができます。
ミニバイクでも大型バイクでも対応しているものが多くでているので、ネットで調べて確認するか店舗で見てみるのがおすすめです。
他にもアタッチメントつきのものもあります。
これは車体自体が浮き上がる仕組みになっているので、タイヤ交換をする時にも便利です。
ジャッキタイプと呼ばれているのですが、どんな高さにでも調節することが出来るのでミニバイクでメンテナンスがしにくかった、腰が痛くてかなわなかったという人にも重宝します。
自分でメンテナンスや交換をしないという人でも、リヤサスペンションが着脱できるので、普通のスタンドとしても使えます。
むしろこのステップスタンドを購入しておけば、どんなバイクの機種にも対応しているので、買い替えた時にまた新しく新調する必要はありません。

気になる価格は

価格はT字のもので3,000円から4,000円で、ジャッキタイプのものが8,000円から10,000円となっています。
どちらもバイクパーツとしては安いので、費用の負担もかかりませんね。
バイクでこだわりたい所は沢山あると思います。
ボディーの強化もそうですし、走行性もそうでしょう。
大切なものだからこそ、支えるスタンドにも注目してみてはいかがでしょうか。