おすすめのバイクパーツ~ライト系~

投稿者: | 2014年2月3日

ヘッドライトのカスタム

カスタマイズにおすすめのライト系のバイクパーツとして、代表的なのがヘッドライトの交換です。
ヘッドライトはドレスアップに最適なだけでなく、より明るくすることで夜間走行の安全にも資し、実用的な側面も向上できるので是非チャレンジしてみたいところです。
ヘッドライトはいわば、バイクの顔ともいえる役割を果たしています。
そのため、ヘッドライトを交換するだけで、全くイメージが変わることさえあるかもしれません。
現在付いているノーマルライトよりも明るさもアップさせれば、よりいっそう変化が楽しめ、ライディングも快適になるでしょう。
電装系パーツは交換が難しそうと不安になる方もいるかもしれません。
ですが、車種によっては専用キットが用意されていたり、少し知識を学べば意外に簡単に取り付けられます。
また、ヘッドライトは1万円程度のものから販売されているので、比較的安上がりでカスタマイズが楽しめるでしょう。
最も簡単に交換をしたいなら、純正タイプのライトを選びましょう。
取り付け用の配線やステーが付属キットとしてセット販売されているケースが多いので、比較的容易に交換することができます。

ライトの種類

個性的なドレスアップを求めるならば、汎用ライトがおすすめです。
丸型をはじめ、ユニークな形状、デザインのものなど様々なラインナップがあります。
ただし、車種別に設計されていないので、配線やステーの加工などは自分で行わねばなりません。
それだけにオリジナル性が高く、自分好みのフェイスに仕上げることができるでしょう。
一方、明るさの追及よりも、ハンドル廻りの軽量化やドレスアップがしたいという場合には軽量ランプがいいかもしれません。
一般的なランプより重量が軽い分、ハンドル廻りを軽くスムーズにすることができます。
軽量ランプには個性的な形状も多くラインナップがされており、ドレスアップにも最適です。
ただし、一般的な汎用ランプ以上に取り付けが難しくなるので、カスタマイズに自信のある方向けといえるでしょう。
もう1つの方法として、ヘッドライトそのものではなく、中の電球だけをHIDヘッドライトへと交換してみるのもいいかもしれません。
一般的なバイクはハロゲンランプを使っているのですが、これを明るくて、発光色も選べるHIDランプに交換するのです。
発光色を変更すれば、イメチェン効果やドレスアップ効果も大きくなるでしょう。
また、HIDランプはハロゲンランプより寿命が長くなるメリットもあります。