安くて便利なバイクパーツ

投稿者: | 2013年7月29日

お手軽なステッカー

安くて便利なバイクパーツといえば一番に思いつくのはステッカーでしょう。
ステッカーチューンというくらいですからパーツとしてあつかっていいと思います。
愛車にお気に入りのステッカーをぺたりと貼れば、世界に1台のオリジナルチューンの愛車の完成です。
ステッカーは安いものなら100円からでもあるし、
種類も豊富で組み合次第で個性の表現できるお手軽チューニングパーツじゃないでしょうか?

タンクやフェアリングにワンポイント入れるのもいいですが、
スイングアームやフロントフォークのアウターチューブなど下回りに貼るのも渋いです。
何よりステッカー一枚貼るだけで他のバイクとも見分けがつきやすくなります。

ハンドルも低コスト

ステッカーがパーツじゃないというのならば、次に安くて便利なバイクパーツはハンドルでしょう。
安いのであれば3000円もしません。
そのくせコストパフォーマンスは高いです。
ハンドルを交換するということはライディングポジションが変わるということです。
と言うことはバイクの乗り心地が変わりますし、乗り味も変化します。
低く絞ったハンドルを装着すればレーシーな感じになりますし、
軽く上げた広めのハンドルなら長時間の運転も疲れにくくなります。

また体格に合わせてライディングポジションを最適化することもできるのです。
身体の大きな人はシートから遠く高めになるハンドルを選べば窮屈なノーなるポジションから開放されます。
逆に女性など、小柄な方ならシートに寄せて手前に来るようなハンドルをつければ、
左右にフルロックまで切ってもハンドルに十分手が届く位置までしか行かないなど、格段に操作性が上がります。

また、交換も簡単です。
慣れれば自分でも交換が可能ですから、普段使いのライディングの楽なハンドルと、
休日のツーリング用に長時間乗っても疲れにくいハンドルなど何本か揃えてもいいかもしれません。
ハンドルに付属して交換しても良いパーツといえばグリップも安くて便利です。
意識している方は少ないかもしれませんが、グリップも消耗備品です。

凸凹が少なくなってきたり、ラバーが硬くなってきたら交換時期になります。
ノーマルの部品をとってもいいですがアフターマーケットでは、
いろいろな形のものやカラーのものもありオシャレパーツとしても欠かせないパーツです。

最近ではアルミ削り出しのグリップもいろいろな種類市販されているので、
自分のお気に入りのグリップを見つけたら交換してみましょう。
交換はすごく簡単で自分で作業ができます。