レインウェアの選び方

投稿者: | 2015年8月23日

雨から体を守るウェアを選ぼう

バイク運転時、雨は、当たると想像以上に痛いですよね。
車と違い、屋根がないバイクは、雨をしっかり防ぐことが大切だと言えます。
雨に濡れるとせっかくの楽しいツーリングも心から楽しめなくなるのはみんな同じ。
そんな雨からしっかり体を守れるようなグッズを使用しましょう。

収納のサイズも大事なポイントの一つです。
コンパクトになるものを選ぶようにしましょう。
スピードを上げても水がしみない生地・縫製という高機能商品は、特に人気のアイテムです。
雨の日のライディングを快適に安全に過ごせるものを選ぶようにしましょう。

走行がしやすいアイテムを選択しよう

走行がしやすいアイテムを買う場合、ふだん着ているものよりも一回り大きいものを選ぶのがベストです。
ライディングジャケットの上から着ることが多いので、洋服など普段から着ているものの上から試着をして、運転の妨げにならない動きが出来るか試してみるとよいでしょう。
あまりウェアの状態が気になってしまうと、運転もままならない状態になるので注意が必要です。

バイクは生身の体でスピードを感じるものであるため、普段歩いている時よりも雨水や風などを強く感じてしまいがちです。
走行中、そういった部分を気にしながら走ってしまうと、前を見る回数も減ってしまうため事故の原因にもなります。
ちょっとした長い距離であっても、違和感を感じないようなウェア選びを行うようにしましょう。

水が染みないタイプを選ぼう

雨から体を守るレインウェアは主に2種類あります。
一つは雨を通さないタイプですが、水蒸気は通す防水透湿素材のもので、価格は高めです。
もう一つは防水と耐久性があるものの、通気性がよくないPVC素材のもので、価格は低めとなっています。

ウェアの中でも、裏地がついているものは安くて耐久性がありますが、脱ぎ着する時に引っかかる可能性があるので注意が必要です。
通勤・通学などで使用する場合、走行する距離などと合わせてアイテムを選んでみるとよいでしょう。
あまり長い時間乗らない、というのであれば、防水性の強さよりも脱ぎ着する時の利便性から選ぶのがよいといえます。

高機能レインウェアとはどんなものか

高機能レインウェアとは、スピードをあげても、水が浸みることなく、動きやすく中に湿気をこもらせないものを指します。
価格は高いが、用途も考慮して、自分に合ったものを探してみるとよいでしょう。

普段はなかなか買えない、と思う方も、これから長い間お世話になるアイテムと思って買えば、それほど高いハードルでもありません。
プレゼントを貰う機会などがあれば、高機能レインウェアをお願いしてみるのもよいでしょう。