トップボックス(リアボックス)

投稿者: | 2016年3月23日

トップボックスのメリット

バイク用品で忘れてはいけないのがトップボックスの存在です。
トップボックスのメリットは、バイクの後部座席において、荷物の積載確保する場合に便利だという点です。
ワンタッチで簡単に着脱できるほか、防水機能や万が一の盗難を防止する鍵も付いています。

トップボックスは着脱がワンタッチで行えるため、万が一地面に落下した場合でもそう簡単に壊れないほど頑丈に出来ています。
多少なりとも表面に傷が付くことは否めませんが、本体自体はなんとも無く、中身が飛び出すような心配はありません
落下した場合でもロックは解除されないため、多少乱暴に数年使用したくらいでは劣化はみられないと言えるでしょう。

トップボックスが人気の理由について

トップボックスが人気の理由は、何といってもハードさ
多少取り扱いが荒くても、中身にはなんら影響が無いと言う強みです。
荷物を運ぶ機会が多い仕事などでは、度々トップボックスが用いられています。

ツーリングをする際にもトップボックスは非常に重宝します。
万が一の事故があっても、中身に関しては問題がなく、割れやすいものなどを入れて運ぶ場合に便利です。
もちろん事故を起こさないことが一番ですが、トラブルがもしも起きた時に役立つアイテムと言えるでしょう。

トップボックスはどんな人に向いているのか

トップボックスは利便性を追求し、デザインなどの見た目を気にしない方に向いています。
特に熟年男性ライダーの方にはうってつけのアイテムだと言えるでしょう。
ライダーによってはトップボックスのデザインが気に入らず、あまり使用しない人も少なくありませんが、見た目以上に勝る便利さがあると言えます。

トップボックスによりバイクに乗せる荷物の量が増えると、ツーリングによる行動範囲も広がるほか、ちょっとした遠出で買い物した際にも要冷蔵品が入れられるなどのメリットがあります。
熱が伝わりやすいメットインとは違い、買い物をする人に最適のアイテムだと言えるでしょう。

トップボックスを使う時の注意点

トップボックスを使う時の注意点としては、重くて振動に弱いという点です。
主にリアスペースに取り付けないと使用できないほか、リアに関する使い勝手にも影響するため、走行への影響も少なくありません。

またある程度重さのないバイクでは、走行中の軽快さが損なわれるので気をつけましょう
転倒時に外れやすいこともあり、道幅の狭い林道などを通るときは細心の注意が必要です。
トップボックスは何も入れていない状態でも重いので、ある程度バイクの運転に慣れている人や、愛車を長く使用している人など、バイクのイロハを知っている方が購入するようにしましょう。