盗難防止アイテム

投稿者: | 2015年9月21日

ワイヤーでバイクをロックしてみよう

盗難防止アイテムとして定番なのがワイヤーです。
固定物とバイクを連結して使うワイヤーロックは、長く曲がりやすい性能なので、使いやすく便利だと言えます。
主に長いサイズが多く存在していますが、柔軟性があり曲がりやすいので、収納しやすく携帯しやすいのが特徴です。

またホームセンターなどでよく見かけるU字ロックは、ロック部分をホイールに通し、タイヤが回らないように固定するものです。
最近のバイクは、小型U字ロックが収納できるものもあり、携帯しやすいだけではなく盗難を防ぐような非常に良いロックであると言えるでしょう。

盗難防止装置は安心安全のアイテム

ワイヤーを使ってもまだ心配、と思う人は盗難防止装置を使ってみてはいかがでしょうか。
バイクに傾きや振動を感じるとセンサーが反応し、大音量で犯人を威嚇してくれるため、確実に防犯するという効果が期待できます。
少々使う際に躊躇してしまうようなインパクトはありますが、その分確実にバイクを守る事が可能です。

最近はスマートフォンやリモコンなどから、バイクが受けた異常を知らせてくれるものも発売されており、盗難防止アイテムとして人気があります。
離れていてもバイクに危険がないよう、確実に防犯が出来るアイテムを選ぶことは必須です。
一度盗難被害を受けたことがある、という方は、通常の防犯アイテムよりも強力なものを選ぶようにしましょう。

チェーンロックでがっしりと固定しておこう

ロックするアイテムの中にはチェーンロックと呼ばれるものがあります。
これは太く頑丈な鎖で作られており、バイクと固定物を結ぶために使用します。

チェーンロック自体は非常太くて重いのため、盗難防止効果が高いアイテムと言えるでしょう。
切断しようとしても耐久性が高いため、安易にいじろうとする人間もいません。

ただしチェーンロックは高価で重いものであるため、携帯して使用するのは難しいと言えます。
あくまで自宅保管時に使用する際に適したロックと言えるでしょう。

バイクカバーも重要なアイテム

バイクカバーは、風雨からバイクを守るために使う以外にも防犯防止として一役をかっています。
その理由としては、窃盗団などは盗む前にあらかじめ民家などを下見をし、より高級なバイクを盗もうとする傾向があるからです。

自分のバイクがどんなものか、泥棒や窃盗団に知らせないためにも、バイクカバーは重要な盗難防止対策になると言えるでしょう。
他のアイテムと比べて安価で購入が出来るため、自宅管理をする際には必ず使用することをオススメします。
また他の防犯アイテムと組み合わせて使用すると、よりバイクを危険から守る事ができるでしょう。