ツーリングバッグ

投稿者: | 2015年11月18日

ツーリングバッグとはどんなものか

ツーリングバッグとは、日常生活からツーリングまで使用できることができるバッグの事です。
通常のバッグとは少し異なった形状をしており、丸々としたフォルムは非常に特徴的でもあります。
使い方次第では長年愛用する事も出来るため、年季の入ったバッグを使用している人も少なくありません。

バイクは車とは違い、移動時の積載量という課題があります。
しかし、このツーリングバッグを使用することによって、積載性に関する問題を解決する事が可能です。
電車通勤やマイカー通勤からバイク通勤へと切り替えたい、という人には最適のアイテムと言えるでしょう。

サイドバッグタイプ・デイバッグタイプ

サイドバッグタイプとは、アメリカンバイクなどで使われる、振り分けタイプのバッグを指します。
特徴として、荷物がたくさん載せられるほか、タンデムライドを両立できる点などが挙げられます。
そのほか、テールバックとの組み合わせによって、バイクに詰める荷物の量も増やす事が可能です。
ただし、シートやバイクの状態によっては、サイドバッグタイプが取り付けられないこともあるので注意しましょう。。

変わってデイバッグタイプはリュックサックの形をしたものです。
作成時にはバイク用に設計されていることもあり、運転時にライダーの動きを妨げないような考えで作られています。
このデイバッグタイプはライダー向けのバッグの中でも特に人気がある商品です。

テールバッグタイプの特徴・メリット

テールバッグタイプはシートに直接取り付けるタイプのバッグです。
日帰りからロングツーリングまで、用途に合わせて利用するバッグを決めるとよいでしょう。
デザインもいろいろな物があり、ライダーの好みによって選べます。

テールバッグタイプはタンデムシートに着けるため、他のバッグよりも安定感があるのが特徴です。
運転中バッグの状態を気にせずに走れるため、より安全運転も心がけられるでしょう。
しかし、タンデム走行が出来なくなるなどのデメリットもあるため、二人乗り走行などを普段からする方は注意しましょう。

タンクバッグタイプの特徴・メリット

タンクバッグタイプはタンクに取り付けるバッグです。
小物が入る程度の大きさが標準サイズ、磁石などで固定します。
主に樹脂タンクに取り付けて使用しますが、タンクの形状が特殊な場合には、別途ベルトを使用して取り付けます。

毎日のバイクライフをより良いものに変えるためにも、自分のバイクやスタイルに合ったバッグを見つけることが大切です。
それぞれの特徴を把握しながら、メリット・デメリットなどを参考に、愛車に取り付けるアイテムを探し出してみてはいかがでしょうか。