ウインタージャケット

投稿者: | 2015年10月20日

寒さから体を守るアイテム

ウインタージャケットは、冬のライダーに必要不可欠なアイテムです。
バイクを運転時に、必要な動きやすさを確保しながら、真冬の寒さから体を守るために持っておきたい一着と言えるでしょう。
電車通勤や車での通勤では寒さを感じなくとも、生身で風を直接受けるバイク通勤時には、より厚着をすることをオススメします。

寒さから体を守るアイテムは、自分のバイクの種類や乗り方によって、チョイスの仕方が大きく変わってきます。
ほとんどの商品は防寒機能が高く、高機能素材を多く使ったものがあったりしますが、秋冬物は動きにくかったり、高価なものが多というのも現状です
基本的には冬の時期のみの使用になるので、購入時には慎重に選ぶようにしましょう。

セール時期を狙う!

気になるウインタージャケットを店頭で見つけた際、手に届くかどうか微妙な値段、ということは少なくないと思います。
どうしても欲しい、でも買ってしまうと今月はピンチになるかもしれない。
そんな時にはシーズンオフの時期を狙って、セールで購入してみるとよいでしょう。

普段より安い値段で見かけたとき、ついつい衝動買いをしてしまう人も少なくありません。
しかし、他のシーズンのジャケットと違い、運転時の動きが制限されることがあるので、自分に合ったものをみつけて、寒い冬を快適に過ごすようにしましょう。
見た目だけではなく。あくまで使いやすさを重視して買うのが大切です。

防水性のあるものを選ぼう

防水透湿機能や水分を吸収することで、ジャケットから熱を出すものなどもありますが、利便性を取るのであれば防水性のあるものを選ぶようにしましょう。
雨が降った時だけではなく、雪が降った時などにも体温が奪われる心配がなくなります。

また、防寒するだけでなく、プロテクションが付いたものや防水透湿機能が付いたものもオススメです。
水分吸収によって発熱するものなど、最新アイテムは毎年販売されていますので、冬の季節に近づいてきたら要チェックです。

ショートタイプとロングタイプ

ウインタージャケットは機能・デザインともにさまざまですが、ショートタイプはロングタイプと比べても動きやすいのが特徴です。
裾周りの防寒ではロングタイプに劣りますが、運転中の動きやすさを考えればショートタイプが良いといえるでしょう。
また、バイク運転時の前傾姿勢に合わせたものも多くあり、スポーツバイクなどのバイクとの相性はいいと言えます。

対してロングタイプは、裾が長くベルトよりも下になるのが特徴です。
主に腰周辺を包み込むので、防寒性能に優れた形になっています。冬場に長距離を走るなら、ロングタイプは必要不可欠なものであり、ショートタイプにない暖かさを得たいなら、ロングタイプが良いといえるでしょう。